第4回オープンCAFE @烏丸御池センターの開催報告

2017.08.12

7月28日(金)に第4回目となるの【オープンCAFE@烏丸御池センター】をスマイルプラス烏丸御池センターにて開催致しました。

今回は「京都LD等発達障害親の会 たんぽぽ」の代表茶木様にお越しいただき、親としての体験やお子様の就労に至るまでの親としての支援のあり方についてお話いただきました。 
当日はスマイルプラスを利用中のメンバーさん以外にも、今回は京都新聞社様、ラジオ放送の反響もあり、30名を超える方にご参加いただきました。

◆当日の様子 ◆

20170728_143514.jpg(1)講話(14 時~15 時) 

「京都 LD 等発達障害親の会たんぽぽ」代表の茶木様に 、親としての体験談と自分のお子様についてをお話いただきました。実際に発達障害の子供たちがどう感じているかを体験できるプログラムも盛り込まれ、参加者は時間を忘れ、貴重な体験談を真剣に聞き入る様子が伺えました。

(2)第4回オープンCAFE(15 時~16 時)

※協賛:
株式会社フクナガ様よりLipton の紅茶、有限会社前田珈琲様より珈琲

アトリエとも様、天才アート KYOTO 様の作品と、株式会社いろどり様から「季 節の葉っぱ」を展示。

オープンCAFEでは、視覚障害者の方の立場を経験し、対話して共感することを目的としたワークショップを参加者全員で行いました。

ワークショップの中では、視覚を遮断する体験を通して、視覚障害者の方の感じる「不安」や、欲しい支援の「あり方」を感じていただき、「言葉」のかけ方によって可能性が広がるという「安心」や「希望」に気付くきっかけになることを体感いただきました。

「上手く周りに頼る、ヘルプを出せること」は実は難しいことが多く、地域社会でヘルプを出せる環境を創るために、周りの「言葉」かけが重要であることを体験いただけたのではないかと思います。

オープンCAFEに参加された方の中には、就労に向けてお悩みがある当事者の方もおられ、スマイルプラスのプログラムにも興味を持っていただき、近々体験利用をされる予定となりました。

また、講話については、参加者の方からは、「新しい視点から見ることができました 」「私 も発達障害です。親の立場から考えることができました 」という感想を頂きました。

お悩みをご自身1人で抱えておられる方も多い中で、このオープンCAFE事業が1人でも多くの方との「繋がり」「きっかけ」となるように、今後も開催を続けて参ります。 

(協賛)株式会社フクナガ、有限会社前田珈琲
(協力)アトリエとも、京のちから
(後援)株式会社いろどり、京都新聞
(助成)この事業は府共同募金の助成を受けて実施しております 


オープンCAFEのお問い合わせ:
スマイルプラス烏丸御池センター
〒604-0846
京都府京都市中京区金吹町461 烏丸御池メディカルモール1F
 電話番号 075-254-7060
 メールアドレス <karasumaoike@smile-pls.co.jp>


 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みはこちらから。

受付時間 9:00〜17:00(土日祝祭日除く)

採用情報を見る